小顔にするためのちょっとした工夫

  • むくみ改善して小顔になる方法について

    • 太ってはいないのに顔が大きくみえるため悩んでいる方は、むくみを改善することもおすすめします。

      不要な水分が身体に滞ることで起こるむくみは、代謝機能が低下しているため水分を摂取しすぎても汗などで上手く排出できないことが原因です。



      このようなむくみを改善して小顔になるためにまずは塩分の摂取しすぎないように注意しましょう。



      外出時は味が濃いものを食べてしまいがちですが、減塩を意識することが大切です。



      そして、水分を補給する際も一度に沢山の水を飲むのではなく、こまめに補給するのがよいです。



      朝は温かい白湯などを飲むと、身体が温まって血行が促進されるのでむくみ軽減につなげることができます。
      また、長時間立ったままやデスクワークを続けていると血行不良となってむくみになります。
      そこで、適度に休憩時間をとって足を回したり、軽い運動をしましょう。また、少しでも早くむくみを解消して小顔を目指したいという方は、リンパ節や表情筋を意識したフェイスマッサージをしましょう。



      この他長時間足を組んだり、頬杖をつくことが原因で身体の歪みが発生することがあり、むくんでしまうことがあります。



      食事や癖などを含めて生活習慣を改善していきましょう。



      顔だけでなく身体のいろいろな場所に変化が現れて体調がよくなることもあります。


      毎日コツコツと小顔になるための習慣を続けていくことが大事です。



      そうすることで、むくみ知らずの小顔を保つことができます。

  • 関連リンク

    • 小顔化するには美容外科で骨格から変えてもらうのが一番手っ取り早いのですが、それは少し抵抗があるという人も多いでしょう。骨格から変化させてしまうと、後で後悔したときにも取り返しがつかないからです。...

    • 太ってはいないのに顔が大きくみえるため悩んでいる方は、むくみを改善することもおすすめします。不要な水分が身体に滞ることで起こるむくみは、代謝機能が低下しているため水分を摂取しすぎても汗などで上手く排出できないことが原因です。...