小顔にするためのちょっとした工夫

  • 小顔になるためのトレーニングや生活習慣

    • 顔が大きいと全身のバランスが悪く見えてしまったり、やぼったく見えてしまったりします。



      モデルのような小顔に憧れる女性は多く、小さな顔になるための方法はいろいろとあります。


      まずは、硬くなった表情筋をほぐすトレーニングで、たるみを予防し顔をすっきりさせる方法です。
      朝起きた時、夜お風呂に入った後にやるのが効果的です。
      やり方は、両腕を胸の前で交差させ手を肩に置き、その体勢でゆっくりと天井を仰ぎ、舌が伸びる限界まで天井に向かって舌をつきだします。舌を戻し、体勢も最初の状態に戻します。



      この体操をやっていると、顔周りの贅肉が落ちて小顔になります。



      ほかに、顔の血行をよくすることによってむくみを改善し、小さな顔を作る方法もあります。



      この方法では、口を大きく上げ舌をあごのほうにのばし、目を見開き目線は上で10秒間ポーズを維持します。



      これを2セットやることでむくみの改善につながります。



      このように、小顔になるためのトレーニングやポーズはいろいろとあります。


      ポーズ以外にも、生活習慣の改善で少しずつ小顔を作るということも可能です。



      食事のときにはよく噛んで食べる、会話をするときには滑舌を意識する、口呼吸をやめて鼻呼吸を常に心がける。



      といったふうに、日々の習慣を少し変えるだけでも、小顔に近づくことができるのです。


      バランスのよいプロポーションに一歩でも近づくために、できることから少しずつやっていくことは、大切なことといえます。


  • 関連リンク

    • 小顔化するには美容外科で骨格から変えてもらうのが一番手っ取り早いのですが、それは少し抵抗があるという人も多いでしょう。骨格から変化させてしまうと、後で後悔したときにも取り返しがつかないからです。...

    • 太ってはいないのに顔が大きくみえるため悩んでいる方は、むくみを改善することもおすすめします。不要な水分が身体に滞ることで起こるむくみは、代謝機能が低下しているため水分を摂取しすぎても汗などで上手く排出できないことが原因です。...