小顔にするためのちょっとした工夫

  • 小顔整形にはどんな種類があるか

    • 小顔になる整形術にはいろいろな方法が存在し、まずヒアルロン酸を注入する方法があります。あごにヒアルロン酸を注射することが多く、ひっこんで見えるあごに対して注入することでふっくらとさせることができ輪郭を整えることができます。



      全体のバランスが変わることで顔が引き締まってみえます。



      ヒアルロン酸は人間の身体にもともと存在しているため、安全性が高いというメリットがあります。

      また、切開をせずに注射のみで行うことができるのでダウンタイムや傷跡も心配する必要がありません。

      この他にボトックスを利用した小顔整形があります。



      エラ張りが気になるという方におすすめで、ボトックスを注射することで咬筋を麻痺させシャープな輪郭にすることが可能です。ボトックスによる治療も注射のみであるため、傷跡やダウンタイムが短くなっています。



      脂肪が原因で顔の大きさが気になるという方は、脂肪吸引をおすすめします。

      脂肪を吸引することで小顔にできるだけでなく頬が脂肪がなくなることで引き上げられ、ほうれい線やたるみを解消することができます。



      最後にエラやあごなどの気になる部分を削って輪郭を整える方法もあります。
      効果が半永久的に続き、口の内側を切ってから手術をすることが多いため傷跡の目立ちません。



      どの方法も担当する医者にどのくらい技術があるのかが大切であるため、実績が多い医師を探すのが重要です。



      また、カウンセリングを受けて納得してから行いましょう。



  • 関連リンク

    • 顔が大きいと全身のバランスが悪く見えてしまったり、やぼったく見えてしまったりします。モデルのような小顔に憧れる女性は多く、小さな顔になるための方法はいろいろとあります。...

    • 太ってはいないのに顔が大きくみえるため悩んでいる方は、むくみを改善することもおすすめします。不要な水分が身体に滞ることで起こるむくみは、代謝機能が低下しているため水分を摂取しすぎても汗などで上手く排出できないことが原因です。...