小顔にするためのちょっとした工夫

  • 小顔になるために自宅ででもできること

    • 小顔化するには美容外科で骨格から変えてもらうのが一番手っ取り早いのですが、それは少し抵抗があるという人も多いでしょう。



      骨格から変化させてしまうと、後で後悔したときにも取り返しがつかないからです。



      そんな人は、自宅ででもできる小顔化の方法を勉強していくといいです。
      基本的に顔が大きいとしても、ある程度の小顔化を果たすことは十分に可能なのです。
      たとえば、どうして顔が大きく見えているのかを知れば、小顔化も効果的に進めて行けます。

      まず、骨格はどうしようもないので置いておくとして、その上についている筋肉の状態によって顔の大きさは変わってくるわけです。



      余分なお肉がついていると、それだけでだいぶ丸顔になってぼんやりとした顔に印象になるのです。



      頬の筋肉は非常に分厚いですから、そこを引き締めることによって小顔化を果たすことができます。



      美顔ローラーなどを使っていくと、自宅ででも、自分一人でも、それほどお金をかけずとも顔を小さくしていくことができます。



      普段あまり使わない顔の筋肉を使っていくこともとても大切です。


      顔の筋肉を効率的に使っていく顔体操などを生活に取り入れていくと、自然と小さな顔にしていけます。フェイシャルマッサージで顔が小さくなるというのは、こういった原理を応用しているだけです。



      プロのエステティシャンならどういったマッサージをすればより筋肉を動かして引き締められるか把握しているのです。



      エステなら寝ているだけで目的が達成されるので便利です。

  • 関連リンク

    • 顔が大きいと全身のバランスが悪く見えてしまったり、やぼったく見えてしまったりします。モデルのような小顔に憧れる女性は多く、小さな顔になるための方法はいろいろとあります。...

    • 小顔化するには美容外科で骨格から変えてもらうのが一番手っ取り早いのですが、それは少し抵抗があるという人も多いでしょう。骨格から変化させてしまうと、後で後悔したときにも取り返しがつかないからです。...